大阪でデザイン住宅を建てたい人必見! » <大阪でデザイン住宅を建てる!> 知っておきたい注文住宅完成までの流れ » デザイン住宅・注文住宅の失敗談から学ぶ成功への道

公開日: |最終更新日時:

デザイン住宅・注文住宅の失敗談から学ぶ成功への道

デザイン住宅・注文住宅を建てて失敗した方の体験談を集めてご紹介しています。

失敗談に学ぶ「これだけは注意!」

注文住宅を建てた方の中には、「ここはこうするべきだった…」という失敗談をお持ちの方もいらっしゃいます。

そこで、ここでは注文住宅の失敗談をまとめてご紹介していきます。プランを検討する前に、ぜひご一読ください。

もっとも多かった失敗談は
「収納」

家を建ててから後悔しているのは、収納に関する問題。物を上手にしまうことができないと、せっかくのおしゃれな家も台無し。

使い勝手が悪くなり、暮らしの快適さが損なわれます。

こんな失敗談が挙げられていました

こんな対策をしよう!

ついつい収納スペースは床面積で広さを考えてしまいがちですが、どちらかといえば「壁面積」の方が大切。床面積が小さくても、壁一面収納に使えたら便利ですよね。

収納するもののサイズとスペースのマッチング、出し入れの動線などをよく考えてプランニングしましょう。

暑さ・寒さで失敗

憧れの間取りを実現できたのはいいものの、暮らしてみたら暑すぎたり寒すぎたり…そんな例が少なくないようです。

健康的な暮らしのために、暑さ・寒さに左右されない家づくりが大切です。

こんな失敗談が挙げられていました

こんな対策をしよう!

暑さや寒さについては、高気密・高断熱の家づくりをするのが最近の家づくりでの主流。

外気温の影響を受けにくく、冷暖房が効きやすい家なら、家中どこでも快適に過ごせます。

生活動線が不便!

最後に紹介するのは生活動線に関する失敗。毎日の家事や身支度をするのに、動線が不便だとストレスが溜まります。

毎日の動線には気を配って設計しなければなりません。

こんな失敗談が挙げられていました

こんな対策をしよう!

起きてから寝るまでの動線を設計図上に描いてみて、不便なことがないか想像してみましょう。

また、家族の動きも考慮に入れることが大切です。来客の場合、平日・休日の違いなどもシミュレーションしておきましょう。

大阪デザイン住宅
建てるなら!
おすすめの住宅会社

空間を活かす!
おしゃれな家を建てるなら

コンフォート建築設計工房

コンフォート建築設計工房公式HP

費用目安:1,280万円(28.9坪)~3,420万円(43.9坪)

公式サイトで
施工事例を見る

とにかく目立つ!
豪華な家を建てるなら

アドヴァンス
アーキテクツ

アドヴァンスアーキテクツ公式HP

費用目安:1,500万円(24.4坪)~4,000万円以上(150.3坪)

公式サイトで
施工事例を見る

※「設計士が一からプランニングしてくれる」「建築士事務所登録と建設業許可を持っている」「公式HPに金額記載がある」住宅会社を選定しています。(2020年7月調査時点)

※費用目安は公式サイトの施工事例に記載されている金額です。

サイトマップ